アート巡り記録(選抜)ほか

アート巡りのギャラリー
-銀座・京橋界隈-

アート巡りのギャラリー
-その他エリア(都内)-

  「芸力」を使って
  画廊めぐりをしよう!

船堀アートフェスタ09 ー 時間旅行 ー


船堀アートフェスタ09 ー 時間旅行 ー
、無事終了 5月3日/4日

     ⇒ 船堀アートフェスタの案内はこちら
     ⇒ 自分の出展作品はこちら

    美術展示をした広いホールで、2日間各12時間の中で10以上のイベント(音楽ライブ、小演劇、モダンダンス、コンテンポラリーダンス、実験映画、パフォーマンス、ライブペインティング 、トーク)をタイムテーブルにそって行なうというものでした。ずーっと会場につめていたスタッフが一番「時間旅行」を楽しんだのかもしれませんが。

    2月末に突然企画が持ち上がった展覧会&イベントで、準備不足が心配でしたが、彫刻家の山本衛士さん(作品例)のリーダーシップ、怒濤の活躍と、ボランティアで参加された各イベントの方の質の高い演技で、成功といえるのではないかというものになりました。
    文化庁芸術家在外研修員の会から、現代ダンスの山名たみえさん(5人のダンサーが参加)とベテラン画家の千葉京子さんが参加されたことで、イベントも美術展も盛り上がりました。
    また、舞台音響、照明、記録写真・ビデオ撮影など専門スタッフの活躍も重要でした。

    自分はイベント関係は全くの素人で観ているだけでしたが、美術担当として、壁面幅15メートルに横一列に15点、空をモチーフとしたものを中心に、季節や 時間の移ろいを感じるような油彩風景画を並べました。他の作家の作品との調和もとれ、広い会場にゆったりと展示でき、美術館に展示したような気分を味わえ ました。
    写真の左下は山本衛士さん彫刻群。


 

船堀アートフェスタ - 「私を見て」

    アートフェスタの主役は、今回が初の展示で初のディレクターの青木万穂さん。そのパワーには目をみはるものがあります。本人のパワーだけでなく、魅かれて協力したそれぞれの専門スタッフやクリエーターがパワーを出さずにはいられない、そんな感じの作家です。
    コラボでAC部が制作した映像作品は、もの悲しい音楽をバックに絵画作品見せながら詩を朗読するもの。自己の存在とはいったいなんなのだろうか、よくわからないけど、みんなしっかり自分を見て!という想いがこめられていました。
    今回の展示は、 「自分を見て」と強く思えることは表現者にとって重要な資質なんだなと、あらためて感じるような強烈なものがありました。
    ⇒⇒⇒ maho展movie

     

     

    高い天井から、長い和紙に描いた絵をたくさん吊るしたインスタレーション。
    自分の鼓動の音をスピーカーから会場に流して、1時間近くじっと眠ているパフォーマンス。

    床に置かれたブラックライトが、白い紙や布を青白く照らす。

     


船堀アートフェスタ - 無償の愛「アガペ」

    『agapee 無限の愛』と題した彫刻/インスタレーションを展示した小澤香織さんの作品が印象的でした。 初めての大作だそうですが、堂々の展示。寝転がって見ると、花(本物)とキラキラ光るビーズが降り注いでくるよう。作品とのコミュニケーションを楽しむ人が多くいました。
    「愛」にはエロスとアガペがあるんだと、山本衛士工房・FASの勉強会で話題になっていましたが、アガペとは、神の人に対する無償の愛だそうです。 考えさせられるテーマです。

     

船堀アートフェスタ - 入口を華やかに飾った「人の顔たち」

    手塚真梨子さんは、モジリアニの初期のプリミティブ的な造形を思わせるような、でも全然違うユニークな表現で、人の顔ばかりを描いたの油彩作品をたくさん展示しました。きれいな色調と躍動感のある作風が、入場者を惹き付けます。


船堀アートフェスタ - 政治家と美術家のトーク … 多様性を受け入れる


    田の上 いくこさん(政治家)と山本衛士さん(彫刻家)のトークイベントでは、芸術、政治について「まずは「感心を持つ」ことから入っていってほしい、多様性を受け入れるという点で芸術も政治も同じだ(田の上 いくこHPより引用)」と、芸術と政治の共通点が浮かび上がりました。

    私は、現代美術の画廊巡りを始めて4年ぐらいになりますが、現代美術を観ることは「いろいろな価値観/多様性を受け入れる」訓練をしているようなものだと 感じます(もちろん苦痛ではなく、楽しんでいます)。わけのわからないものがいろいろありますが、受け入れることは困難なものでも、存在を認識する、否定 しないということはできそうです。現時点では自分の頭の中のカテゴリーにおさまらず消化できない表現/コンセプトでも、いつかわかるようになるかもしれま せん。 まずは「感心を持つ」ことから入る(わからなくてもいいから) 、というのはいい言葉だと思います。

 

 

 
Copyright(C) Yuji Hashiya 2001-2007. All Rights Reserved.